すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁の飲み方のバリエーションに牛乳

投稿日:

すっきりフルーツ青汁の飲み方のバリエーション

様々なバリエーション
すっきりフルーツ青汁の特徴は、様々なバリエーションで飲むことができるという点。

私が実際に混ぜてみて「美味」と感じた摂取方法を7つご紹介します。

1)ハチミツを入れてホットで

すっきりフルーツ青汁はいくら飲みやすいとはいえ、ただのお湯だとどうしても青臭さが出てきてしまいます。それを防ぐにはハチミツを加えるのが1番。

温かくすると、青汁の成分が体に染み渡るような感じがします。体もホッコホコ——。

なお、ハチミツには以下のような効能があるそうです——

・強力な殺菌作用
・疲労回復
・二日酔いの改善
・肝機能を強化
・整腸作用

割り方ですが、すっきりフルーツ青汁一杯(100ml)に対してティースプーン2杯くらいのハチミツが程よい甘さ。もちろん、もっと甘くするのも問題ありません(ちなみに、ハチミツのカロリーは1グラムあたり約3.0kcal。小さじ1杯だと約21.0kcalです)。

2)牛乳で割る

もともとすっきりフルーツ青汁にバナナ風の味があるせいか、牛乳と混ぜるとバナナオレのような味わいになります。

お腹への満足感がたっぷりありますので、この方法だと置き換えダイエットがしやすいでしょう。どうしても置き換えが続かないという人にオススメです。

ただ、日本人には乳糖不耐症の人が多く、牛乳が苦手な方も少なくないと思います。そのような方は避けた方が無難でしょう。

カロリーですが、すっきり青汁一杯分で普通の牛乳の場合は約67kcal、低脂肪牛乳だと約46kcalになります。

3)飲むヨーグルトで割る

牛乳と同じように満足感はあるのですが、結構糖分が含まれているため、ダイエットには向いていません。たまに変わった味を楽しみたい時に飲むといいでしょう。

カロリーは100mlで67kcal。牛乳と同じくらいなのですが、糖分が多く含まれているので、こちらの方が太りやすいといえます。

4)ソルティライチで割る

ソルティライチというのはキリンが出している清涼飲料水です。これとすっきりフルーツ青汁を組み合わせると、なんとも不思議な味わいになります。

毎日飲むと飽きてくるでしょうが、たまに味わうには持ってこいの割り方です。

ただ元々ソルティライチも濃い味付けなので、水やお湯を少し加えるといいでしょう。

カロリーは、100mlで34kcal。糖分は飲むヨーグルト同様多めなので、ダイエットしている時は気をつけて下さい。

5)バナナ味豆乳飲料で割る

上述したように、もともとすっきりフルーツ青汁にはバナナを思わせる風味がついているのですが、このバナナ味豆乳飲料で割るとそれがさらに強調され、バナナジュースのような感じになります。

またこれなら大豆の臭みも抑えられるので、豆乳が苦手だという人にもピッタリです。

カロリーは、100mlで67.5kcal。もっとカロリーを減らしたい場合は、普通の豆乳にして下さい。

6)ヨーグルトに混ぜた上でバナナを加える

プレーンヨーグルトにすっきりフルーツ青汁を混ぜた上で、さらにバナナを添えます。

これは置き換えダイエットでよく使われるメニューで、バナナによって甘さが増し、腹持ちも良くなります。

カロリーは普通のプレーンヨーグルトの場合、60から80kcal。低脂肪のものにすれば40から50kcalに抑えられます。

7)すりおろしたリンゴに混ぜる

すりおろしたリンゴ
リンゴを皮ごとすりおろせば、健康に役立つ酵素が直接頂けます。また、ポリフェノール・食物繊維が豊富で便秘の解消にも役立ちます。

カロリーはリンゴ一個分で約135kcal。かなりの満足感が得られるので、置き換えダイエットにはピッタリです。

すっきりフルーツ青汁の口コミ情報TOPページへ

-すっきりフルーツ青汁

Copyright© すっきりフルーツ青汁の口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.